【中京区】第11回傾聴ボランティア養成講座【7月~8月全6回】

趣旨

<傾聴ボランティア>とは、福祉や医療、教育の現場で患者さんやお年寄り、児童生徒、のみならず家族や友人、ご近所の方など、苦しみを抱え、援助を必要としている人々のさまざまな想いや言葉に耳を傾けることで、共感と心のケアを共にすることをめざすボランティアです。

この養成講座では対人援助の理論に基づき、「傾聴」によって語り手の意味ある生を支える専門的な傾聴ボランティアを養成することを目的としています。

内容

・講義と演習
・施設傾聴実習
・身近な方への傾聴実習
・実習による振り返り 

カリキュラム

第1日 7月6日 (土)午前(9:30~12:30):開講と講義 午後(14:30~15:30):施設傾聴実習
第2日 7月13日(土)午前(9:30~12:30):講義と演習 午後(14:30~15:30):施設傾聴実習 
第3日 7月20日(土)午前(9:30~12:30):講義と演習 午後(14:30~15:30):施設傾聴実習
第4日 8月3日 (土)午前(9:30~12:30):講義と演習 午後(14:30~15:30):身近な方への傾聴実習
第5日 8月10日(土)午前(9:30~12:30):講義と演習 午後(14:30~15:30):身近な方への傾聴実習
第6日 8月17日(土)午前(9:30~12:30):講義と演習 午後(14:30~15:30):施設傾聴実習

※「改訂増補・ケアの思想と対人援助」村田久行著・川島書店・2,530円をテキストとします。
  必ず事前に購入して講義に備えてください。
※修了には全6回の出席が必要です。途中で休まれるとカリキュラムの進行上、継続しての受講はできなくなります。

講師

藤井 育子(京都傾聴塾代表・指導者)

会場

【講義と演習】おふぃすゆう社会福祉士事務所(京都市営地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩3分)
【施設傾聴実習】京都市内の高齢者施設 身近な方への傾聴実習は各自自由に

定員

4名(最小開講人数)

費用

15,000円
受講料、テキスト以外の資料代、通信費等。
受講決定後、振り込みのご案内をいたします。
その他、会場や傾聴実践の施設までの交通費は各自でご負担いただきます。

申込締切

6月15日(土)

問合せ・受講申込書請求先

京都傾聴塾 中 養成講座事務局
〒6040822 京都市中京区杉屋町629番地2
TEL:090-9707-6219
E-mail:kyoto.keicyho.si@gmail.com
日本傾聴塾ホームページからもお問い合わせいただけます。
HP:傾聴ボランティア 日本傾聴塾 (keicho-japan.com)

主催

京都傾聴塾 中